京都西陣織イメージ



西陣織りとは、京都市の西陣で織られた絹織物の総称です。主な技法で『ジャガード織』がありますが、糸を先に染めてから織ることで独特の柄と高級感ある雰囲気の織物となります。中でも金襴と呼ばれる布地は、金糸や金箔を織り込んだ豪華なもので、西陣織を代表するものではないでしょうか。歴史は江戸時代から始まり、現在では日本を代表する織物となっております。

当店では、そんな伝統ある西陣織の端布を使った名刺入れをご用意いたしました。帯を作る際に出てしまう端切れを再利用した形です。本物でありながら、リーズナブルなのはそんな理由からです。主に一点もので、同じ生地のものでも柄の出方が異なりますので、まさに世界で只一つの商品となります。





京都西陣織

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
26商品中 1-12商品